三輪車って何歳から?

初めての乗用玩具として、三輪車を検討する方は多いと思います。今は押し手のついた三輪車が増え、公園くらいのお出かけにベビーカー代わりとして使うパパ・ママも多いようです。では、三輪車にはいつ頃から乗れるのでしょうか?

三輪車は1歳半頃からがベスト

国内メーカーのパンフレットなどは、三輪車の対象年齢を1歳から3歳と記載しているものがほとんどです。最少年齢を、さらに厳密に1歳半としているメーカーもあります。また、身長制限を「77~100cm」と記載している三輪車もあります。年齢よりも身体の大きさの方がこの時期のお子さんにとっては良い目安になりますね。
これらの情報と幼児の身体発育曲線を照らし合わせると、舵取り付きの三輪車であれば1歳半頃から楽しめると考えられます。

ただし1歳前後は、まだまだ子どもの成長の差が大きい時期。体格や発達はもちろん、興味のわくものもそれぞれ。早くから自分で漕ぎ出せる子もいれば、足がペダルに届かず座るだけになってしまう子もいます。対象年齢はひとつの目安として、お子さんの体格や発達を見極めて検討したほうがいいでしょう。


三輪車の卒業は?いつから自転車に?

子どもが逆にいつまで三輪車に乗れるのかというと、3歳ぐらいまでになります。
三輪車はサドルの高さを変えられないものがほとんどです。そのため、身長が100cm近くになると窮屈な体勢となり、逆にうまく漕げなくなってしまいます。そのため、各メーカーも対象年齢を「~3歳」としている商品が多いのです。3歳ぐらいから補助輪のついた自転車にステップアップしていきますが、三輪車と自転車では大きく違います。


まず子どもにとって一番大きいのは、足が地面につくかつかないかということ。三輪車では、両足がちゃんと地面についていましたが、自転車ではなかなか初めからそうはいきません。だから自転車を怖がる子が多いのも事実。そのことを分かってあげていてください。そうすれば、無理に三輪車を卒業させずに自転車を買ってあげてもしばらくは三輪車と自転車の2台を併用させてあげるのもイイと思います。急いてはことを仕損じる、ですね。

誕生日プレゼントなら1歳それとも2歳?

では、三輪車を誕生日プレゼントで贈ってあげようと考えたら、いくつの誕生日が良いでしょうか。三輪車の適齢は1歳半だけど、誕生日プレゼントで三輪車を贈ることを考えているのなら、絶対に1歳の誕生日にすることをお薦めします。適齢からすれば、少し早いかもしれないけど、お子さんの成長を期待するという意味でも、2歳より1歳の方がベターだと思います。1歳の誕生日と言えば、(産まれたその日を除いて)誕生日のお祝いとしては初めてになります。そんな誕生日に大きな箱に入った三輪車をプレゼントされたら喜びも大きいですよね。

もし、こどもの日やクリスマスがちょうど1歳半ぐらいの時期だったら、その機会に贈ってあげるのも、とても良いタイミングだと思います。
とにかく、大きなプレゼントなんでお子さんは、大喜びでプレゼントである三輪車を受け取り、まんべんの笑みを見せてくれるでしょう。