最も大事な安全性

安全性というポイントから三輪車の各部位をチェックしてみましょう。

手押し棒がついているか、どんな形状か
タイヤの素材、後輪の幅

この2点は安全性というポイントでホントに重要です。

手押し棒がついているか

どんな形状の手押し棒が押しやすいかは人それぞれお好み次第です。子供を実際に乗せて押してみると、いちばんわかりやすいと思います。
手押し棒をチェックする際は、以下の違いに気をつけてみてください。

  • 舵取り式?

  • 着脱可能?

  • 長さ調整可能?

  • 形状は?


現在の三輪車は、国産、外国製とも手押し棒が付いているモデルのほうが多いです。その中には、舵取りが行なえない手押し棒が付いた三輪車もあります。舵取り式とは、手押し棒を左右に曲げることで前輪が連動して動き、子どもがハンドル操作をしなくても曲がれる機能です。お散歩に行くときにとても便利です。舵取り式でない場合、子どもを乗せ たまま曲がるのは難しくなりますから、1歳代から子どもを乗せたい場合には必須の機能といえます。

2歳くらいからは上手にひとりで三輪車を漕げる子が増えますが、そうすると重い手押し棒が付いているものは、小さい子にとっては負担となってしまいます。手押し棒を畳んだり外せるものであれば、身軽に漕ぐことができるので着脱のチェックもして下さい。

また、手押し棒の高さや形状は押しやすさを左右する重要なポイントです。パパとママでは背の高さが違うので手押し棒のジャストな高さも違います。背の高いパパママはこの高さを注意した方がイイです。
舵取り式で道を曲がる場合には、ハンドルバー式や横幅の広いリング状の押し手の方が、てこの原理でラクに曲がれます。もし曲がる必要がそれほどないのであれば、シンプルな一本グリップ式の手押し棒の方が軽く、場所をとらない設計になります。

タイヤの素材、後輪の幅

タイヤの素材は、プラスチック製、発泡素材、ゴムなど色々です。プラスチックには重量を軽くできる利点がある一方、乗ったり押したときの振動が大きいという欠点もあります。発泡素材やゴムは重量がかさむものの、振動を少なくできます。

後輪の幅は、スペックとして記載しているものはほとんどありませんが、一般的に幅が広いほうが安定性が高いといえます。実際に子どもを試乗させて確かめるとよいでしょう。ただお子さんは内輪差を知らずに乗るので、曲がったり細いところを通ろうとして片輪をぶつけることもよくあります。多くのメーカーはそれぞれの商品開発部門で、安全な後輪の幅を研究し商品化しているはずですが、他の三輪車と比べ著しく幅が狭かったり広かったりする三輪車は要注意です。

その他の機能 として

ブレーキの有無
安全ガードの有無
ステップの有無
折りたたみ機能
バスケット
音声や音楽、人形が動くなどのおもちゃ的要素
サドルの形状 などなど

ブレーキの有無

ブレーキはお子さんの走行スピードを止めるという意味合いではなく、乗り降りさせるときに三輪車が動かないようにロックさせるものです。どちらかといえば、ストッパーに近い機能です。

安全ガードの有無

安全ガードは、サドルの周囲をぐるりと囲うバー状のものから、簡易シートベルトまで様々。まだ一人で漕げないうちは、あると安心です。

ステップの有無

ステップはペダルを漕がない場合に足を置く場所です。外国製や折りたたみ式のものは、シンプルなバー形状の場合が多いです。

折りたたみ機能

折りたたみ機能やバスケットは、どちらかといえば親が必要な機能と言えます。玄関先に置く場合、折りたためれば省スペース化が図れます。

バスケット

バスケットは公園へ持って行くおもちゃを入れたり、暑い日は水筒などの飲み物などちょっと入れるのに便利です。

サドルの形状

背もたれのないサドルや、小さいサドルの場合、1歳代ではうまく乗れないこともあるので注意しましょう。これも実際に試乗させてみるのが一番です。

注意点

手押し棒は、多くの三輪車に搭載されていますが、 手押し棒が付いていない三輪車にも利点があります。漕ぐにしろ、蹴り進むにしろ、シンプルな構造で走りやすさが違います。また、余計な装飾などがないため、子ども自身で遊び方を工夫し、創造力を引き出してくれます。金属製のフレームを用いて、頑丈に作られているものが多いのも特長です。
三輪車で遊ぶ際、公園などに徒歩での移動を伴うようならば手押し棒つきを、庭などがあり移動することなく遊べるのならシンプルなものを選ぶといいかもしれません。

ストッパー的な機能がついているものもありますが、ブレーキではありません。基本的に三輪車には、ブレーキがついておりません。止まり方も知らないまま下り坂をそのまま乗って降りてしまう子もいます。
(幼少時代の私です・・・)
大怪我を招く危険がありますので、
(ハイ・・・私も怪我して大泣きしました)
いくら安全性の高い三輪車を選んだとしても、パパママの眼の届く範囲内で遊ばせてあげてください。

「SGマーク」って知ってますか?

多くの三輪車は、高い安全性を遵守して作られています。日本製の三輪車で製品安全協会が安全性を認定した三輪車には「SGマーク」が付いています。
SGマークは三輪車を選ぶ際に、安全性を判断する目印となります。
幼児用三輪車の安全性品質及び使用者が誤った使用をしないための必要事項を定め、一般消費者の身体に対する危害防止及び生命の安全性を図ることを目的としています。

SGはSafty Goodsの略で、財団法人製品安全協会が定める安全性の認定基準に適合した製品にのみ表示できます。
このマークのついた製品は、とても厳しい基準をクリアしていますが、もし欠陥がありケガなどの事故が発生した場合は、賠償金が支払われる制度が設置されています。

被害者救済制度

(財)製品安全協会は、SGマークつき製品の欠陥による人身事故が起きた場合、事故原因、被害の程度などに応じて被害者一人につき、1億円を最高限度として賠償措置を実施します。
また、死亡・後遺障害を伴うような重大な障害事故については、とりあえず60万円を被害者に支払うことに なっています。(事故が明らかに消費者側の一方的な過失、もしくは誤った使用に基づくような場合は除く)

三輪車の安全性の品質

三輪車の安全性の品質は、「構造、及び外観寸法」や「安全性」などの項目で定められています。

三輪車構造、外観および寸法の基準サドル・ペダル・車輪の傾きやねじれはなく、平行か
ナットやボルトが突出していないか
ハンドル・サドル・泥よけは手や頭・首を挟んだりしないか
サドルやペダルの高さの基準
車輪は平行で亀裂などが入っていないか
三輪車の安定性の基準ハンドルグリップが前輪中心より前方にでないこと
20kgの重しをサドルにのせてハンドルを切った状態で側面に転倒・浮きがないか
25kgの重しをサドルに乗せて坂を登った際に後ろへ転倒しないか
三輪車の走行性への基準水平・平坦な道をスムーズに走行できるか
三輪車の強度への基準ハンドル
駆動輪
押して棒
後部ステップ
背当て
足載せ
三輪車の耐衝撃への基準サドルへの20kg砂袋落下実験
ドラム缶を使った衝撃走行実験
壁への衝撃実験 3回ぶつかっても大丈夫か
三輪車を作る材料食品衛生法に基づくおもちゃの規定に適合しているか確認
三輪車の付属品付属品は三輪車を使用するにあたって安全か
三輪車の表示三輪車には消えにくく、はがれにくい場所に製品番号や但し書きなどが明記されているか
取扱説明書取り扱い説明書は誰にでも分かりやすく書かれているか