子供の目線で

三輪車に乗るのは、購入するパパママ(祖父母)ではありません。主役はお子さんです。パパママの強烈な好みを優先して三輪車を選んでしまうと失敗することがあります。お子さんが三輪車に愛着を持たず、乗りたがらなくなってしまうんです。
お子さんが喜んでくれるキャラクター・カラーリング・デザインをふまえて三輪車を選んであげて下さい。

子どもの好きなキャラクター

キャラクターもので何が良いか分からない・・・そんな場合は、アンパンマンがお薦めです。男の子でも女の子でも1歳2歳の子に絶大な人気を今も持ち続けている永遠のヒーロー的な存在です。
男の子さ女の子さをもっと出したキャラクターなら、男の子はしんかんせん、女の子ならキティが定番です。⇒キャラクター三輪車

しかし定番のキャラクター三輪車は、他のお友だちともかぶりやすいのでご注意を!
詳しくはオンリーワンで

オトナ好みの三輪車は

パパママとしては、キャラクターものの三輪車より、おしゃれでカワイイ三輪車に子どもを乗せたいっていう思いが高まってしまいがちです。
パパママ好みの三輪車を選びたい場合でも、お子さんの好みがそれに反していないかは、実車を見せたり、写真や画像を見せたりして、反応を確認してあげて下さい。
そんな会話も親子の大事なコミュニケーションですから。
パパはこの三輪車がカッコイイと思う、ママはこの三輪車がカワイイと思う、なんて言ってあげると、お子さんもその三輪車が好きになっていったりしますョ。