三輪車にはこんな良いことが

三輪車は自転車と比較すると子どもが乗って遊べる期間というのはどうしても短いです。だから親御さんの中には三輪車を買い与えずに自転車が乗れるまで成長を待っている方もいます。しかし、三輪車をお子さんに買い与えることで、お子さんはフィジカル面(身体・体力)でもメンタル面(精神)でも大きな成長をしていきます。

フィジカル面の成長・効能

歩くことしかできなかったお子さんが、三輪車を乗りこなすようになると実は筋肉の成長がグンっと高まっているんです。しかもそれだけではないんです。
三輪車は、肉体的身体的に子どもにどんな良い影響を与えるかご存知でしょうか。
1歳の子どもに三輪車を与えても、おそらくいきなりは漕ぐことはできません。三輪車を漕ぐには足の筋肉の大腿四頭筋(太もも前側)の筋力がいりますので、1歳ぐらいではまだ上手に自分の力で漕ぐことはできません。

またぎ歩きも成長の証し

子どもは漕げるようになるよりも先に、足の裏で地面を蹴って前に進むようになります。
これは全身運動となり、子供の足と体全体の筋力の発達にとてもよい効果をもたらします。

ペダルを漕ぐ効能

ペダルが漕げるようになってからは、漕ぎ出しに力がいります。これも足の筋力のためにとてもよいです。大腿四頭筋(太もも前側)の筋力です。
でも足の筋力だけではうまく三輪車のペダルを踏み込めないんです。脚力とあわせて背筋も使うのです。子どもの成長において上半身(特に背筋)というのは、重要な筋肉になります。その背筋を鍛えるのに三輪車を漕ぐというのは、実はよい効果があるんです。

三輪車もこけるんです

三輪車は、自転車と違い安定しているので倒れないと考えるのがおとな目線の考え方なんですが、三輪車もこけるんです。子どもは限度も加減も知りません。全力で漕いで走るし、急に曲がろうとするし、大きく体勢を傾けたりします。そんな乗り方をして危ないっておとなは思うけど、子どもは体で覚えて成長するんです。また、転倒しないようにバランス感覚を養ったり、転倒してしまった三輪車を自分で起こすのに上半身の筋肉も使ったり、そんなひとつひとつが子どもの成長なんです。

メンタル面の成長・効能

三輪車に乗るということは、フィジカル面での成長・効能がクローズアップされがちですが、お子さんのメンタル面の成長にも大きく働きかけているんです。お子さんの成長過程において、三輪車の存在というのは、実はとても大きな存在なんです。
三輪車が子どもに与える精神的な影響はどのようなものがあるのでしょうか。

三輪車はおもちゃ?乗用玩具?知育玩具?

おもちゃといえば、ままごとセットやお人形さんにミニカーやボールや積み木などが挙げられると思いますが、三輪車はおもちゃのカテゴリーに含まれるのでしょうか?おとな目線ではおもちゃという大きなグループに入れがちですが、子ども目線ではどうでしょうか?おそらくおもちゃとは少し違うのではないでしょうか?おもちゃの中には知育玩具や乗用玩具なんていう小カテゴリーで分類分けしていても、それはおとな目線です。子どもにとっては、ちょっと他のおもちゃとは違うはずです。三輪車は自分専用の乗り物でありながら、上手に一人でこげるように練習する初めての訓練・試練の機会を与えるモノでもあります。子どもを成長させる知育玩具とも言えますね。

脳の成長を促します

産まれてだっこされていただけだったのが、ハイハイそしてヨチヨチ歩きと行動レベルが発達してきましたが、三輪車というのは自分の力を与えて進むということが、子どもの脳に新しい刺激を与えます。子どもは、三輪車を移動するための道具として考えることができるようになっていきます。歩いていける近くの公園にも、三輪車を自分で漕いで行きたいと主張するようになります。ただ単に公園に行きたいという欲望ではなく、三輪車に乗って行きたいという一つ高い欲望へと意識が変わっているのです。そうなると三輪車だけでなく道具というフレームが子どもの頭の中にできている証拠です。これこそヒトの成長の大きな過程です。また女の子の中には、お気に入りのぬいぐるみやお人形を三輪車のサドルに座らせて自分が後ろから押して公園まで行こうとする行動をする子もいます。これは、自分がママ役になりお人形さんの世話をしてあげようという他人(?)に対する優しさの芽生えでもあります。親御さんとしては、家のお人形を外に持って出ることを注意するのではなく、この優しさを褒めてあげてください。子どもは褒められると良いところがどんどん成長していきます。

自我の芽生え

また、三輪車を自分の乗り物、自分のものという意識が強く高まっていきます。今まで家の中で遊んでいたおもちゃに対しても自分に既存するものという意識はありましたが、お子さんにとっては自分自身の身長とあまり変わらない大きさの三輪車に対する思い意識というのが高いのです。お人形やぬいぐるみではない初めての自分の相棒というものを三輪車に対して思い入れていきます。
だから三輪車が大好きなお子さんが昔と変わらず今でも多いんです。