世界の三輪車

三輪車と言えば、前輪が1つで後輪が2つの幼児用の乗用玩具という強い概念が日本ではありますが、必ずしもそうではありません。
三輪車はその名のとおり、三つの車輪で構成されているわけであり、その車輪の配置には一般的に2種類あります。
一つがdelta、そしてもう一つがtadpole です。

delta(デルタ タイプ)とtadpole (オタマジャクシ タイプ)

delta(デルタ タイプ):前輪が1つ、後輪が2つ。よく見かけるタイプです。前輪にステアリング。駆動は前後輪いずれかになってます。
tadpole (オタマジャクシ タイプ):前輪が2つ、後輪が1つ。一般的に、前輪にステアリング。駆動は前後輪いずれかになってます。

三輪自転車でその違いを比較してみると、

delta(デルタ タイプ)

前1輪後2輪のdelta(デルタ タイプ)は、後ろの車輪の間に買い物かごなどをおくことができます。日本における三輪自転車の多くはこの形をとっています。


tadpole (オタマジャクシ タイプ)

前2輪後1輪のtadpole (オタマジャクシ タイプ)は、ヨーロッパや東南アジアでは、前2輪の間に幅の広い運搬・乗車用装置をおくものが発達しています。日本でも少数ながら前2輪タイプのものがあります。

幼児用三輪車のグローバルスタンダード

ただ幼児用三輪車となると一般的にデルタタイプです。ペダル、駆動、ステアリングは前輪が主流です。世界各国で作られている幼児用三輪車の大半がこのタイプです。あなたが乗ってた三輪車も、あなたの両親が乗ってた三輪車もおそらく同じタイプの三輪車でしょう。最近の三輪車は、手押し棒やステップなど付属パーツが付いているものが多いですが、ベースのカタチがここまで長年変わらないのは、幼児用の三輪車はそれだけ卓越したカタチであるということでしょう。