よくある質問

三輪車は何歳ぐらいから乗れるの?

おおむね1歳半ぐらいから乗れるようになり、一人で漕げるようになる子が多いです。
                            詳しくは⇒でどうぞ。

外国製の三輪車って安全性はどう?

日本製にはGSマークがあるので、安全基準をクリアしているかどうか分かりやすいですが、外国製は確かに基準が分かりにくいところがあります。しかし、PUKYやスマートライクの三輪車は、安全性も高く世界的にもその品質は認められています。RadioFlyerにおいては、子どもがケガをしないように細部の加工までこだわって作ってます。基準としては分かりにくいかもしれませんが、これらのメーカーは、安全性・品質とも高いです。世界中どこの国の親御さんもカワイイ我が子を不幸な事故や怪我にあわせたくないという思いは同じです。

メンテナンスはどうしたらイイの?

多くの三輪車のタイヤは、発泡タイヤを採用しておりパンクすることがなく、空気を注入する必要もありません。ブレーキも無いですし、もちろん燃料やエンジンもありません。比較的メンテナンスが少ないのも三輪車の特徴でしょうか。ただし、乗るのはまだ分別のつかない子どもです。オトナの想像をはるかに越えることがおきます。特に車輪に何か挟まったり巻き付いたりしていないか、折り畳み式の三輪車ならその折り畳む蝶番などに何か挟まっていないかなど、子どもを乗せる前にちょっとチェックすることをオススメします。

三輪車より自転車?

三輪車は乗れる期間が幼児期の短い間だけですので、いきなり自転車を与える方がイイのかなって考えがちな方もいます。確かに三輪車に乗れる期間は短いかもしれませんが、子供の成長にとって大切な時期にだけ乗れる三輪車なんで、子どもに与える影響力はフィジカル的にもメンタル的にもとても大きいです。実際に三輪車にたくさん乗っていた子の方が自転車に乗れるのも早く、バランス感覚もイイです。三輪車は幼児だけに許された特別な乗り物なんです。自転車へと焦らずしっかり三輪車に乗ることをオススメします。